最終更新日:2018/2/18

【P07】700系のぞみ&エアポートエクスプレス 編(2000/11)

2000年11月発売のカプセルプラレール パート7は「700系のぞみ&エアポートエクスプレス 編」は全16種です。画像の車両は「700系のぞみ」「南海ラピート」「成田エクスプレス」「L特急あずさ」です。ストラクチャ(情景)は「トンネルセット」「鉄橋セット」「サウンド信号所」「車庫+屋根付駅セット」でした。700系新幹線と空港アクセス特急メインのシリーズでした。(2017/2/28)

700系のぞみ

「700系のぞみ」です。この車輌は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後部車(LED)の3両編成です。

このカププラが発売された時は新型車両でしたが、現在(2017年)では2019年度に引退といわれています。(全検検査の状況より)

南海ラピート

「南海ラピート」です。この車輌は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後部車の3両編成です。

実車は南海電鉄の関西国際空港のアクセス特急として登場しました。独自のフォルムは鉄仮面のようだとも称されました。「ラピート」はドイツ語で「速い」という意味で公募から選ばれたとのことです。


成田エクスプレス

「成田エクスプレス」です。この車輌は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後部車の3両編成です。

実車は初代の成田エクスプレス(JR東日本 253系電車)です。2010年まで成田エクスプレスとして活躍しました。

L特急あずさ

「L特急あずさ」です。この車輌は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後部車の3両編成です。

※側面の「azusa」のマークはカププラのお友達からの頂き物です。(ありがとうございました)

実車の名前は長野県の梓川が由来のようですが、過去に「あずさ2号」という曲が流行したこともありました。


ストラクチャ(情景)

ストラクチャ(情景)は「トンネルセット」「鉄橋セット」「サウンド信号所」「車庫+屋根付駅セット」の4種です。

※画像はカプセルプラレールミニガチャヒストリーの台紙部分とトンネル、鉄橋、サウンド信号所、車庫、屋根付き駅です。(ストラクチャの画像は共用です。付属シールや色など異なる場合があります。)

トッピクス

700系のぞみの後部車はLED車になっています。車両を上から押すと赤色のLEDが点灯します。

動画は昔、家族旅行で小淵沢に行った時の物です。


詳細情報

カプセル(全16種)

・700系のぞみ・先頭車(ゼンマイ車)

・700系のぞみ・中間車+直線レール

・700系のぞみ・後部車+曲線レール

・南海ラピート・先頭車(ゼンマイ車)

・南海ラピート・中間車+直線レール

・南海ラピート・後部車+曲線レール

・成田エクスプレス・先頭車(ゼンマイ車)

・成田エクスプレス・中間車+直線レール

・成田エクスプレス・後部車+曲線レール

・L特急あずさ・先頭車(ゼンマイ車)

・L特急あずさ・中間車+直線レール

・L特急あずさ・後部車+曲線レール

・トンネルセット(トンネル+直線レール×2)

・鉄橋セット(鉄橋+直線レール×2)

・サウンド信号所+専用レール

・車庫+屋根付駅セット

 

価格:1個200円(税込)

感想・その他

●「700系のぞみ」「南海ラピート」「成田エクスプレス」「L特急あずさ」とも人気の車両でどれが出ても嬉しかったです。特に「南海ラピート」は私鉄の車両なので驚きました。私鉄の車両もたくんさ増えていけばいいなと思いました。


旧両面レール(青)

200円

ガチャ

台車01

(丸・L返・L)


【ご注意】

 ・当サイトは個人的な趣味(コレクション紹介・感想・見解など)のサイトです。メーカー様とは直接関係ありません。

 ・パート番号(PXX)は当サイトの判断にて通常シリーズと思われるものに便宜的に発番しています。

 ・交換、売買、譲渡(ちょうだい)のお申し出は原則お断りしております。

 ・トーマス、チャギントン、カプレール(ディズニーレールウェイなど)は守備範囲外です。好きな方ごめんなさい。

 ・再販品、海外発売品、その他特殊な車両については分かる範囲内でのご紹介になります。