最終更新日:2018/2/18

【P53】SLと大転車台編(2015/04)

2015年4月(再販2016年10月)発売のカプセルプラレール「SLと大転車台編」は全18種です。画像の車両は「C53 43」「Bタンク」「C57 180」「C56 160」「C12 50」「D51 498」「客車」「貨車」です。ストラクチャ(情景)は「大転車台」「吊り橋」「田舎の駅」「坂レール」でした。新しいストラクチャの大転車台は機関車とテンダー同時に回転できる大型なものです。蒸気機関車をセレクトしたシリーズです。(2017/3/15)

C53 43

「C53 43」です。この車両は機関車(ゼンマイ車)、テンダー車(炭水車)です。

珍しい流線型の車両です。1930年代の海外での流行を取り入れて制作された形式の機関車です。カププラでもよく再現されて楽しめそうです。

Bタンク

「Bタンク」です。この車両はゼンマイ車です。

「ET300-1 EXPRESS」となっています。プラレールでは見かけますが実車についてはわかりません。レトロ感がする機関車には間違いありません。


C57 180

「C57 180」です。この車両は機関車(ゼンマイ車)、テンダー車(炭水車)です。

細めのボイラーやスッキリした煙突でスッキリした感じになっていてC57の雰囲気を再現しています。スノープラウもついています。実車のC57 180号機はSLばんえつ物語号として活躍しています。(2018/2)

 

 

C56 160

「C56 160」です。この車両は機関車(ゼンマイ車)、テンダー車(炭水車)です。

C56の小さな車体と独特のテンダー(炭水車)がよく表現されています。実車は「SL北びわこ号」や「SLスチーム号」として活躍しました。C57やD51への置き換えの話もあり動向は私の方では確認できていません。(2018/2)


C12 50

「C12 50」です。この車両はゼンマイ車です。

「C12 50」は2011年の「今も昔も力持ち!新旧機関車編」以来の登場です。※ゼンマイを含む台車周りはリファインされています。

実車のC12 50号機は1934年に川崎重工兵庫工場で製造された車両です。

初期の所属はわかりませんが佐賀、鹿児島、宇部で活躍し1960年に廃車となりました。

D51 498

「D51 498」です。この車両は機関車(ゼンマイ車)、テンダー車(炭水車)です。

実車は信越本線「快速・SLレトロ碓氷号」で活躍中しています。(2018/2)


客車

「中間客車」と「後部客車」です。(機関車はC12 50)

客車の展望車はマイティ49になっています。実車は鉄道博物館でも見ることができます。改装された車両がSLの展望車として使用されることがあります。

貨車

「白貨車」と「黒貨車」です。(機関車はC12 50)

白貨車は冷凍貨車(レサ)、黒貨車は車掌室付き貨車(ワムフ)というところでしょうか。


ストラクチャ(情景)

ストラクチャ(情景)は「大転車台」「吊り橋」「田舎の駅」「坂レール」の4種です。

坂レールは吊り橋の両側につけています。


詳細情報

カプセル(全18種)

・C53 43・ゼンマイ車

・C53 43・テンダー車(炭水車)+直線レール

・Bタンク・ゼンマイ車

・C57 180・ゼンマイ車

・C57 180・テンダー車(炭水車)+直線レール

・中間客車+直線レール

・後部客車+曲線レール

 ・C56 160・ゼンマイ車

 ・C56 160・テンダー車(炭水車)+曲線レール

・C12 50・ゼンマイ車

・D51 498・ゼンマイ車

 ・D51 498・テンダー車(炭水車)+曲線レール

・白貨車+直線レール

・黒貨車+直線レール

・大転車台

・吊り橋

・田舎の駅

 

(バーコード:4904790825316)価格:1個200円(税込) 

感想・その他

●SLのシリーズで丁寧な作りの車両が揃っています。特に流線型のC53と大転車台は注目したいです。


両面レール(青)

200円

ガチャ

台車06

楕円・フック・フック

プラ軸輪・新ゼンマイ


【ご注意】

 ・当サイトは個人的な趣味(コレクション紹介・感想・見解など)のサイトです。メーカー様とは直接関係ありません。

 ・パート番号(PXX)は当サイトの判断にて通常シリーズと思われるものに便宜的に発番しています。

 ・交換、売買、譲渡(ちょうだい)のお申し出は原則お断りしております。

 ・トーマス、チャギントン、カプレール(ディズニーレールウェイなど)は守備範囲外です。好きな方ごめんなさい。

 ・再販品、海外発売品、その他特殊な車両については分かる範囲内でのご紹介になります。