最終更新日:2019年9月4日

【P68】会いに行こう!話題列車編 (2019/08)

2019年08月発売のカプセルプラレール「会いに行こう!話題列車 編」は全14種です。画像の車両は「ハローキティ新幹線」「E653系国鉄色」「パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン」「JR四国鉄道ホビートレインプラレール号」です。ストラクチャ(情景)は「トンネルセット」「山レールセット」「アーチ橋」「まがレール」です。このシリーズのタイトル通り話題になった車両がラインナップされています。ストラクチャのアーチ橋は実車シリーズ初登場です。(2019/09/04)

ハローキティ新幹線

「ハローキティ新幹線」です。この車両は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後尾車の3両編成です。500系新幹線にサンリオのキャラクター「ハローキティ」とリボンをモチーフにしたデザインを施した車両になっています。実車は新大阪〜博多を2018年6月から2019年11月迄の運行予定になっています。

E653系国鉄色

「E653系国鉄色」です。この車両は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後尾車の3両編成です。E653系は2007年8月のフレッシュひたひ(青)以来の久々の登場です。実車のE653系はフレッシュひたち運用が終わり水戸支社を転出しましたが国鉄特急色に塗り替えられた編成が水戸支社管内に復帰して話題となりました。


パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン

「パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン」です。この車両は先頭車(ゼンマイ車)、中間車、後尾車の3両編成です。後尾車には連結器がスライドして貫通扉が開くギミックがついています。実車は京都〜新宮を運行(2019年11月迄の予定)されていて和歌山・アドベンチャーワールドの様々な動物のシーンをラッピングした車両になっています。

JR四国「鉄道ホビートレイン」 プラレール号

「JR四国「鉄道ホビートレイン」プラレール号」です。この車両は気動車(ゼンマイ車)のみの1両編成です。実車は0系新幹線をモチーフにして片側に0系の頭部を模したユニットをつけています。内部に展示ケースも設置されプラレール号ではプラレールが展示されました。


ストラクチャ(情景)

ストラクチャ(情景)は「トンネルセット」「山レールセット」「アーチ橋」「まがレール」の4種です。アーチ橋(壊れる橋)は実車シリーズでは初登場です。

トッピクス

「パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン」の後尾車の貫通扉を開くと連結器が出てきて他の車両と連結できます。南紀白浜のアドベンシャーワールドの繁忙期を想定して増結運用で遊んでみるのも面白いと思います。


詳細情報

カプセル(全14種)

・ハローキティー新幹線・ゼンマイ車

・ハローキティー新幹線・中間車・直線レール

ハローキティー新幹線・後尾車+曲線レール

・E653系国鉄色・ゼンマイ車

E653系国鉄色・中間車・直線レール

E653系国鉄色・後尾車+曲線レール

・パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」・ゼンマイ車

パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」・中間車+直線レール

パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」・後尾車+曲線レール

・JR四国「鉄道ホビートレイン」プラレール号

・トンネルセット

・山レールセット

・アーチ橋

・まがレール

 

(バーコード:4904790878015)価格:1個200円(税込) 

感想・その他

 ハローキティー新幹線の可愛らしい色とデザイン、E653系の国鉄色のレトロ感、パンダくろしおのパンダ顔の面白さ、鉄道ボビートレインの奇抜さ、などなど特徴ある車両を集めた面白いシリーズですね。シリーズのタイトル通りに会いに行きたい列車ばかりだと思いました。実際には難しいのでカププラで遊びながら思いを馳せたいと思います。


両面レール(青)

200円

ガチャ

台車06

楕円・フック・フック

プラ軸輪・新ゼンマイ


【ご注意】

 ・当サイトは個人的な趣味(コレクション紹介・感想・見解など)のサイトです。メーカー様とは直接関係ありません。

 ・パート番号(PXX)は当サイトの判断にて通常シリーズと思われるものに便宜的に発番しています。

 ・交換、売買、譲渡(ちょうだい)のお申し出は原則お断りしております。

 ・トーマス、チャギントン、カプレール(ディズニーレールウェイなど)は守備範囲外です。好きな方ごめんなさい。